目元 コンシーラー 使い方

MENU

目元コンシーラーの使い方

目元コンシーラーの使い方でお困りですか?

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

 

色々と種類がありますし、メイクするのにいつ塗ればいいのか分からなかったりしますよね?

 

私もいくつか疑問があったので、目元コンシーラーの使い方について調べてみました。

 

目元コンシーラーのタイプ別の使い方

まず、コンシーラーにはどんなタイプがあるでしょうか?

 

色々なタイプがあるかと思いますが大きく3つに分けてみました。

  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • ペンシルタイプ

それぞれのタイプ別に特徴と使い方を見てみましょう。

リキッドタイプ

  • 液状なので伸びが良く扱いやすい。
  • 厚塗り感がなく自然な感じにカバーできる。
  • よれにくいので動きの多い目元などに向いている。
  • 濃いシミなどへのカバー力は少なめ。
  • チップタイプや筆ペンタイプなど。

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

出典:CLINIQUE

 

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

出典:アイプリン

基本的な使い方
  • チップタイプは、目の下にポンポンと点で置き、やさしくのばします。
  • 筆ペンタイプは、クマの境目に沿ってすっとラインを引き、やさしくのばします。

クリームタイプ

  • 濃くてやや固めのテクスチャーで、部分から広い範囲まで対応できる。
  • しっかり色がつくのでカバー力がある。
  • 塗りすぎると厚塗り感がでやすい。
  • ステックタイプやパレットタイプなど。

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

出典:24th cosme

 

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

出典:ipsa

基本的な使い方
  • スティックタイプは、直接肌に置くかブラシやスポンジに取り、やさしくのばします。
  • パレットタイプは、付属のブラシなどで取り、手の甲で色を混ぜてから塗るのがおすすめです。

ペンシルタイプ

  • ステックタイプよりさらに細めの形状で、テクスチャーは固め。
  • 細いので、小さいシミやほくろなどのカバーに向いている。
  • 細くて固めなので、広範囲のカバーには適さない。

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

出典:BOBBI BROWN

基本的な使い方
  • 気になる部分に直接のせます。少しぼかしたい時は、ブラシや綿棒などを使うと仕上がりがきれいです。

 

基本的な使い方は紹介しましたが、色々と工夫して自分に合った使い方を見つけてくださいね(*^^*)

 

コンシーラーはいくつか使いましたが、個人的には手軽に使えてよれにくいリキッドタイプがおすすめです。

 

ちなみに今、私が使っているのは筆ペンタイプの「アイプリン」という目元コンシーラーです。

 

詳しくはこちら

↓↓↓

「アイプリン」の公式サイトはこちら >>

 

目元コンシーラーはいつ塗るの?

では、コンシーラー自体はメイクの時にいつ塗るのがいいのでしょうか?

 

ファンデーションの前?それとも後?

 

それは、使っているファンデーションのタイプによって違うようです。

目元 コンシーラー 使い方,美容液,よれない,塗り方

パウダーファンデーション

パウダータイプの場合、コンシーラーはファンデーションの「前」に塗ります。下地やコントロールカラーなどを使ってからコンシーラーを塗って、その後パウダーファンデーションを塗っていきます。

 

リキッドファンデーション、クリームファンデーション

リキッドやクリームタイプの場合、コンシーラーはファンデーションの「後」に塗ります。下地やコントロールカラーなどを使って、ファンデーションを顔に塗ってから、コンシーラーで気になる個所をカバーします。

 

最近話題のクッションタイプのファンデも同様に、コンシーラーはファンデーションの後に使うのがおすすめです。

 

美容液入りコンシーラーはいつ塗るの?

ただし、美容液入りコンシーラーは、基礎化粧品をつけた後、下地やコントロールカラーなどを使う前に塗るのがいいようです。

 

下地やコントロールカラーの前の方が、美容液成分が目元に浸透しやすいからなんでしょうね。

 

なので、美容液入りコンシーラーはどのタイプのファンデーションでも、基礎化粧品をつけた後に塗るということを覚えておくといいと思います^^

 

美容液入りコンシーラー「アイプリン」はこちら >>

 

目元コンシーラーの使用時の注意点

  • つける部位や目的に合ったコンシーラーのタイプを見極める。
  • つける量が多いとよれやすくなるので、少しずつ重ねて厚く塗り過ぎず、薄くカバーする。
  • 目の周りの皮膚は薄いので、指先、ブラシ、スポンジなどを使ってやさしく伸ばす。

自分に合ったコンシーラーを選ぶこと。つけるときは力を入れずにやさしく伸ばすのが基本ですね。

 

使いやすいおすすめの目元コンシーラー

毎日使うものなので、化粧をするときに面倒にならないコンシーラーがいいと思います。

 

人によってテクスチャーの好みやお悩みの箇所が違うかと思いますが、私は目元用コンシーラーは「アイプリン」を使っています。

 

一番の理由は、美容液とコンシーラーが一緒になってる「お得感」です。それと、筆ペンタイプなので、すーっと引くだけで使いやすいのが気に入っています。

 

もし気になったらチェックしてみてくださいね(*^^*)

 

美容成分たっぷりのコンシーラー「アイプリン」

↓↓↓

「アイプリン」の公式サイトはこちら >>